ホーム > NEWS > 論理的にできる?

論理的にできる?

初めて開始する時という状況では、第一に事前準備をしなくてはいけません。

 

取引を始める前であるならば出来事を論理的に見つめる事が可能です。

 

しかし、売買の中に飛び込んでしまうと、どうやっても見解が独りよがりになり、時として適切な見方ができなくなる可能性があります。

 

だからこそ自身の精神が合理的な時に、きちっと事前準備が必要です。

 

その"準備"とは、最初は自らの脚本を書くことからスタートする。

 

未来のこの通貨は下がる(または上がる)から、豪ドルを取引するというように自分のストーリー展開を考えていきます。

 

次に大切なのは日足チャートを調べましょう。

 

過去のレートの値動きを調べて今現在の位置を確認する。

 

そうすると、「現時点では結構低すぎる場面にあるな」とか、そうでなければ「大多数の方々が売買しているから、今から自分が売り(または買い)してもすでに遅すぎるな」ということが見えてきます。

 

無論取引するのがなすすべがないと思ったならばエントリーしないで、そこのところはきっぱりと吹っ切ることが肝心。

 

どう工夫しても自分自身のシナリオを押し通して取引すると為替相場に押し返されてしまいかえって損失を被ることになるリスクがあります。

 

とは言うもののかなりの状況で、準備万端の自分自身の台本を描いているとすれば売買が手遅れという具合にはなることはありません。

 

大方、実際にマーケットが動意づく前のはずだからです。

http://plaza.rakuten.co.jp/kawahiro2013/

次に、とりあえずは自分自身がエントリーしようとしている外貨の上下の動きをきちんと見る事が重要です。

 

もしも、円安が進むと推測する台本を作成したのであれば該当する通貨の変動に注目する事が大事です。

 

外国為替相場の上げ下げを確認し始めたばかりではドル円は分かりやすく上げ下げする様子を見せないで、上や下に小幅な上げ下げを繰り返しているだけでしょう。

 

でも、その上下動をじっとチェックしているとある場面でじりじりと、ドル高へと外国為替市場が動き始めてくる。

 

この場面でやっとドルの新規注文を出すのだ。

 

普通、ここまで十分に準備を考えておけば、そのエントリーで勝てる確率はぐっと大きくなります。

 


関連記事

  1. 論理的にできる?

    初めて開始する時という状況では、第一に事前準備をしなくてはいけません。 &nbs...

  2. クルマや土地などの個人資産

    任意整理とは一般に負債の整理というふうにも言われ、おのおの貸方に対して返金を継続...